京セラの「かんたんスマホ705KC」とは?

5月 31, 2019

60歳以上の方ではじめてスマホを持つという方には、京セラの「かんたんスマホ705KC」がおすすめです。画面サイズは5.0インチ、バッテリー容量は2600mAh、android8.1を搭載、カメラ画素数も1300万画素あるので十分な機能が備わっています。また大きな文字とボタンで操作できるので、はじめてスマホを持つ方でも簡単に操作できます。アプリはよく分からないという方でも分かりやすいように、必要なものだけに厳選したシンプルなホーム画面も魅力です。家族などよく使う連絡先を4件まで登録できるので、一度登録してしまえば面倒な手間もかかりません。また「電話」や「メール」「ホーム」への切り替え操作が簡単にできるようにホーム画面下に三つ並んだボタンがあるので、それを押すだけ、ワンタッチで操作できます。不在着信や新着メールがあれば、ボタンが光るので見落としを防げるといった特徴があります。はじめてのスマホとして検討している方におすすめです。ドコモ スマホ

いまさら聞けないAndroid端末OS

5月 22, 2019

“Android端末には「Android OS」が導入されているため、パソコンのWindows OSのように動作します。
Android OSは、スマートフォンのみに導入されていると思ってしまうこともありますが、実際は、スマートフォン、タブレット端末の両方に導入されているのです。また、Android OSではなく、Android Thingsと呼ばれているものは、「IoT機器で利用することを前提としてAndroid OS機能を絞り込んだ」ものです。
つまり、Android OSのコンパクト版と思って問題ありません。そのため、Android OS、Android Thingsは、システムの基礎部分で共通しているところが多く見つかります。しかも、Android ThingsはAndroid OSで得た、開発フレームワークの多くを利用できるので、こちらのメリットを活かして、新しい開発を進めることが容易なのです。
しかしAndroid Thingsは、システム設定アプリが標準装備されないといった、特有のデメリットもあります。”

スマートフォンの「g06」

5月 15, 2019

“子供や女性でも操作しやすいコンパクトサイズで、充実したカメラ機能や便利なデザリング機能なども搭載しているスマートフォンが「g06」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、カーキ、ピンク、インディゴの5色が用意されており、ボディサイズは幅約63ミリ、高さ約126ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約129gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMT6737クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは8GBで、バッテリーは交換可能な1700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約4インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラはオートフォーカスがついた約500万画素のメインカメラと約200万画素のフロントカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンはSIMの設定がワンタッチできるので簡単に何度でもやり直すことができます。”

スマートフォンの「ZenFone 3」

5月 13, 2019

“エッジング加工が施されているので握りやすさと見た目の良さが実現されており、高輝度で鮮やかに表示する大型液晶ディスプレイなども搭載しているスマートフォンが「ZenFone 3」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはサファイアブラック、パールホワイト、クリスタルゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約144gです。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン625オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは2650mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5.2インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、カメラは超解像度モードがついた約1600万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには使いやすい指紋認証センサーが付いています。”

今では重要!子どもの安全に必要な位置情報の管理機能

4月 2, 2019

位置情報の管理機能というのは、GPSを用いた情報管理機能のことです。
スマートフォンにも標準装備されている機能なのですが、今では、子どもの安全を守るために、位置情報の管理機能が用いられるようになりました。具体的には、ファミリーリンクといった、親が子を管理できるアプリケーションをインストールしていないといけません。
従来のGPSとの大きな違いは、リアルタイムで危険性を把握できるところです。例えば、すぐ近くまで来ているのか、それとも遠ざかっているのかなど、細かい情報が記録されるようになっていますし、自動的にログも記録されるようになっています。
位置情報の管理機能であれば、電話、もしくはチャットなどのメッセージ内容さえも記録されるため、電話後に無反応であった時間、もしくは簡単な意思疎通をチャットのみで終えることができます。位置情報の管理機能の良いところは、無料で且つシンプルな情報のみで構成しているところでしょう。

“(30)デザインも機能も欲しいよくばり女子にオススメ!HTC U11! “

2月 22, 2018

スマホ選びで女子がどうしても気になってしまうデザイン…
使い心地や機能もきちんと持ちつつ、デザイン性の高いスマホってなかなか無いのが悩みでした。
しかし今年!HTCから登場した最新機種が、この悩みを解決してくれる一台だったのです!
さて、さっそくそのスマホをチェックしてみましょう!
■HTCの最新機種U11がスゴイ!
つやっとしたビジュアルの、リキッド・サーフェイス デザインと名付けられたこの一台。
屈折率の高い素材をいくつも重ね、見る角度によって色が変わるデザインです。
1番上にガラスを重ねたことで、つややかさと手から滑り落ちにくいという安全性も兼ね備えました。
見た目だけでなく、カメラはプロも一目置く高評価というのだから驚き!
光学・電子手ブレ補正機能とオートフォーカスで誰でも美しい写真が撮りやすくなっています。
アウトカメラは約12000画素、インカメラは約1600画素とインカメラの方が高い画素数を持っているので、満足できるセルフィーが撮れるのではないでしょうか!
今年発売となったスマホの中でも人気ランキング上位に入っているHTC U11。
女子目線で見ても、かなり使える一台ですね!

「Speed 8」のスペック

1月 30, 2018

高性能カメラとデカコアCPUを搭載し、更には大容量バッテリーを搭載して安心して使用できるハイスペックスマホが「Speed 8」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約152ミリ、厚さ約9.8ミリ、重さ約150gとなっており、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは約5インチ解像度1920×1080IPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは高速充電に対応している3,600mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMediaTek X20デカコア2.15GHzを搭載していてRAMが4GBを採用しています。
ストレージは32GBですが、カードスロットが付いていませんので増設することはできません。
カメラはソニー製の約2,100万画素のメインカメラと約800万画素のサブカメラが搭載されており、どちらのカメラにもオートフォーカスやLEDフラッシュなどが付いています。
また、背面には高性能指紋認証センサーが付いていますし、GPSやNFCも使用することができます。

「Meizu Metal」のスペック

1月 23, 2018

クリスタルメタルを使用したフルメタルボディに高解像度ディスプレイを搭載し、低価格を実現させているハイスペックスマホが「Meizu Metal」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約150ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約162gになっており、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールド、ピンク、ブルーの5色が用意されています。
ディスプレイは約5.5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは取り外し可能で安心な3,140mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはMediaTek Helio X10MT6975オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
ストレージは32GBで128GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、デュアルLEDフラッシュやタッチフォーカス、顔認証やパノラマ撮影モードなどが備わっています。
ボディはアルミやチタンを採用したクリスタルメタルボディになっていますので高級感も感じることができます。

「AQUOS sense SH-01K」のスペック

1月 17, 2018

高精細な液晶ディスプレイを搭載し、安心して使用できる防水機能と大容量バッテリーを搭載しているスマホが「AQUOS sense SH-01K」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約148gという軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシャンパンゴールド、フロストラベンダー、シルキーホワイト、ベルベットブラックの4色が用意されています。
バッテリーは2,700mAh大容量バッテリーを搭載し、CPUはクアルコムのMSM8937オタクコアとなっています。
ディスプレイはアクオスの技術を受け継いだリッチカラーテクノロジーモバイル搭載の約5インチフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載しています。
カメラは約1,310万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
ディスプレイ面には強化ガラスを採用してソフトな質感となっており、指紋や傷がつきにくくなっていますし、ラウンド形状と側面のエッジ部分が持ちやすさを実現させています。

「LeTV LeMax2」のスペック

1月 11, 2018

フルデジタルロスレスオーディオ規格「CDLA」に対応し、位置情報を使う人気ゲームが楽しめるジャイロスコープを搭載しているハイスペックスマホが「LeTV LeMax2」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約77ミリ、高さ約156ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約185gになっており、カラーバリエーションはシルバー、グレー、ローズゴールドの3色が用意されています。
CPUはクアルコムのMSM8996スナップドラゴン820クアッドコア2.15GHzを搭載していてRAMが4GBになっています。
ディスプレイは約5.7インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは便利な急速充電に対応している3,100mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラはF2.0の明るいレンズを採用した約2,100万画素のメインカメラと約800万画素のインカメラが搭載されており、デュアルLEDフラッシュやタッチフォーカス、顔認識やパノラマモードなどの様々な便利機能が備わっています。
この他に外部ディスプレイにワイヤレスで映し出せる「WiFi Direct」に対応しています。


Wordpress theme by NetVenture in association with Bayforall.com