Archive for the ‘未分類’ Category

「Alcatel SHINE LITE」のスペック

12月 15, 2017

フロンパネルとリアパネルに強化ガラスを採用していて、更には指紋付着防止コーティングが施されているスマホが「Alcatel SHINE LITE」です。
デザイン面でもすごく魅力を感じられ、カラーバリエーションはサテンゴールド、プライムブラック、ピュアホワイトの3色が用意されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約156gになっています。
CPUはMediaTek MT6737 クアッドコアという高性能CPUを搭載しており、バッテリー容量は2,460mAhになっています。
ディスプレイは約5インチの大型液晶ディスプレイを搭載していますので迫力ある映像などを楽しむことができます。
指紋認証センサーは背面に付いていますので使いやすいですし、最大5つまで指紋を登録することができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、LEDフラッシュが付いていますので暗いところでも十分に撮影を楽しむことができるでしょう。

「Moto G4 Plus」のスペック

12月 8, 2017

便利で安全な指紋認証センサーが付いていて、SDカードによって最大約128GBの容量を確保できるスマホが「Moto G4 Plus」です。
指紋認証センサーにタッチすることでスリープモードやロックが簡単に解除できるから便利です。
内部ストレージが32GBもありますが、128GBまで増やせるからたくさんの写真や動画を保存できます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約157gになっています。
バッテリーは高速充電に対応した3,000mAh大容量バッテリーを搭載しており、付属のチャージャーを使用すれば15分の充電で最長6時間使用が可能になります。
ディスプレイは約5.5インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載していて、カラーバリエーションはブラックとホワイトが用意されています。
カメラは16メガピクセルのリアカメラと5メガピクセルのフロントカメラを搭載しており、フロントカメラには広角レンズが付いていますのでグループショットも思い通りに撮ることができます。

「 HUAWEI P9lite」のスペック

11月 12, 2017

高感度指紋認証センサーが付いた安全性が高いスマホが「 HUAWEI P9lite」です。
背面に付いている高感度指紋認証センサーは安全ですし、どの方向からも素早く指紋を認証してくれます。
また、最大で5つの指紋を登録することができますし、軽くタッチするだけでロック解除ができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約72ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約147gになっています。
バッテリーは大容量の3,000mAhを搭載していますので安心です。
カラーバリエーションはゴールド、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは色彩豊かな映像などを楽しめる約5.2インチの高精細フルHDディスプレイが搭載されています。
カメラは約1,300万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されており、どちらにもF2.0の明るいレンズが搭載されていますし、インカメラには広角レンズが搭載されています。
CPUはパワフルで省エネを可能にしたHiSilicon社製 Kirin 650を採用しています。スマホCPU

「Alcatel SHINE LITE」のスペック

11月 5, 2017

フロンパネルとリアパネルに強化ガラスを採用していて、更には指紋付着防止コーティングが施されているスマホが「Alcatel SHINE LITE」です。
デザイン面でもすごく魅力を感じられ、カラーバリエーションはサテンゴールド、プライムブラック、ピュアホワイトの3色が用意されています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約156gになっています。
CPUはMediaTek MT6737 クアッドコアという高性能CPUを搭載しており、バッテリー容量は2,460mAhになっています。
ディスプレイは約5インチの大型液晶ディスプレイを搭載していますので迫力ある映像などを楽しむことができます。
指紋認証センサーは背面に付いていますので使いやすいですし、最大5つまで指紋を登録することができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されており、LEDフラッシュが付いていますので暗いところでも十分に撮影を楽しむことができるでしょう。

「Moto G4 Plus」のスペック

10月 29, 2017

便利で安全な指紋認証センサーが付いていて、SDカードによって最大約128GBの容量を確保できるスマホが「Moto G4 Plus」です。
指紋認証センサーにタッチすることでスリープモードやロックが簡単に解除できるから便利です。
内部ストレージが32GBもありますが、128GBまで増やせるからたくさんの写真や動画を保存できます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約157gになっています。
バッテリーは高速充電に対応した3,000mAh大容量バッテリーを搭載しており、付属のチャージャーを使用すれば15分の充電で最長6時間使用が可能になります。
ディスプレイは約5.5インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載していて、カラーバリエーションはブラックとホワイトが用意されています。
カメラは16メガピクセルのリアカメラと5メガピクセルのフロントカメラを搭載しており、フロントカメラには広角レンズが付いていますのでグループショットも思い通りに撮ることができます。

「Xperia X Compact SO-02J」のスペック

9月 18, 2017

人気スマホの一つである「Xperia X Compact SO-02J」は背面が陶器のような光沢感がありますし、背面からディスプレイまでが手に馴染みやすいループデザインになっています。
このスマホのスペックはバッテリー容量が2,700mAhになっていますので朝から夕方まで安心して使用できると思います。
本体サイズは幅約65ミリ、高さ約129ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約135gですので数多くあるスマホの中でもコンパクトサイズと言えるでしょう。
ディスプレイサイズは約4.6インチで高精細ですし、カメラは約2,300万画素のアウトカメラと約510万画素のインカメラを搭載しています。
また、カメラには最先端の3つのセンサーが搭載されていますので簡単に綺麗な写真が撮影できます。
カラーバリエーションはホワイト、ソフトピンク、ミストブルー、ブラックの4色が用意されています。
このようなスマホはRAMが3㎇ですのでアプリの起動が早いですし、サクサク動いてくれますので気持ち良く使用することができるでしょう。

“キャリアショップで買うのは損? “

9月 7, 2017

キャリアショップで販売されているSDカードが「じゃぁそれで」と言える値段なのであれば、こんな苦労はしなくても済みます。しかし、一般的にキャリアショップで売られているSDカードという非常に高価ですし、お店によっては大容量のものしか置いていないことすらあるほどです。キャリアショップで機種変更する時なんかは「コチラもご一緒にいかがですか?」とポテトを勧めるような感覚で気軽に提案されたりもしますが、「64GBで16000円」や「128GBで28000円」など、「正気かよ!?」という値段で販売されていることも多いのでとくにおすすめしません。「でも、本体と一緒に分割すれば月に数百円で済みますよ?」といかにも「お得!」みたいな顔して勧めてきますが、結局払う金額が変わるわけではないですし、高いからといって「中身のデータ」まで保証してくれるわけではないので、家電量販店やネットで購入されることをおすすめします。キャリアショップのほうがモノが良いというのは正解ですが、ネット通販でも良いSDメモリーカードを購入することはできます。

台湾のトランセンド社の4K対応SDカードのU3Xシリーズ

8月 31, 2017

U3Xシリーズは、台湾のトランセンド社の4K対応SDカードです。トランセンド社は、SDカードでは世界的なシェアがあります。品質の信頼性もサンディスクほどではないですが、購入に際して十分な安心感もあります。比較的値頃な商品が多いのが特長ですね。カード容量は、32/64ギガバイトという構成です。大容量モデルはないですが、4K動画には64GBもあれば問題ありません。転送速度は、読出し最大95MB/秒 ・書込み最大85MB/秒 となります。サンディスクで言えば、 Extreme Pro 95がライバルでしょうが、価格面で言えば、トランセンドの方がかなり安いです。もちろん、UHSスピードクラス3正規対応モデルでもあります。製品保証は、トランセンドの場合も、サンディスク同様に、無期限保証です。それをふまえると、やはり「爆安」といえますね。もちろん、個体差などの検品も含めてサンディスクのが優位ですが、4K動画に対応できる高スペックモデルをできるだけ安く欲しい場合、品質と価格のバランスが取れた良い製品だと感じます。特に4K動画の再生は過不足がありませんから、コストパフォーマンスは最高の部類に入るSDメモリーカードです。

“プレミアムの名にふさわしい撮影力!売上No.1スマホ『Xperia XZ Premium』の実力検証

8月 28, 2017

Xperia Xシリーズの上位モデルとして発売され、人気を博した「Xperia XZ」のプレミアム版――それが、夏モデルとして発売された「Xperia XZ Premium」です。日本では、この端末をドコモが独占提供しています。滑り出しも好調で、調査会社GfKの販売データでは、発売初週に総合1位に輝いているのです。“プレミアム”と銘打つだけに、Xperia XZ Premiumは、その豪華な機能が特徴です。Xperia Z5 Premium以来となる4Kディスプレイを搭載し、さらに、HDR動画の再生にも対応しました。4KとHDRを両立させているのは、世界初となります。カメラはソニーが新たに開発した、メモリ積層型CMOSセンサーの「Motion Eye」を搭載し、これによって、先読み撮影や960fpsの超スローモーション動画撮影が可能になるとのことです。Xperia XZ Premiumは、本体に光沢処理が施されています。同時期に、ドコモ、au、ソフトバンクの3社から発売された「Xperia XZs」とは異なっていて、重厚感を与える仕上げです。カラーはDeepsea BlackとLuminous Chromeの2色。前者は渋く光る黒ですが、後者はまるで鏡のような透明感があります。カラーリングや本体の仕上げで、プレミアム感を演出したといったところでしょう。

ご挨拶

8月 17, 2017

黒石スマホ世界sportspeechへご訪問いただき、ありがとうございます。
このブログは、管理人が興味を持ったことや買いたいもの、話題のアイテムなどに関して気ままにつづっていくブログです。
ちゃんと更新できているでしょうか。1回目なのでちょっと心配です・・・。
精力的に更新していきたいと思っていますので、皆さんもどしどしご意見下さいね。ブクマやlinkして下さったら嬉しいです(^_^)


Wordpress theme by NetVenture in association with Bayforall.com