Archive for the ‘未分類’ Category

格安とは思えない高性能「Redmi Note 10 JE」

10月 13, 2022

“今では、2万円台で購入できるスマートフォンが増えてきているため、安くても性能がそこそこよいスマートフォンは2万円台で購入できる・・・という思いこみをされているユーザーが増えてきました。ですが、「Redmi Note 10 JE」のようにコストパフォーマンスが高いスマートフォンのはずなのに、価格がほかよりも圧倒的に安いスマートフォンも存在します。
Redmi Note 10 JEは、調査したところ「1万円台で購入できる」ケースもあるため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンの中でも群を抜いて安い・・・といえるスマートフォンです。なので、コストパフォーマンスには絶対に妥協したくない人であれば、Redmi Note 10 JEを選択されるのがベストかもしれません。
Redmi Note 10 JEの詳細スペックですが、「サイズが約163mm×76mm×9mm、重量は約200g、ディスプレイサイズは約6.5インチ(FHD+)、カメラはメイン:約4,800万画素+約200万画素+約200万画素、サブ:約800万画素」という想像を大きく超えるスペックを誇ります。また、これだけスペックの高いスマートフォンの場合、Redmi Note 10 JEはどこかに欠点があるはず・・・と思ってしまいますが、ユーザーレビュー、スペックともに問題のないことが証明されています。
Redmi Note 10 JEの処理性能ですが、「バッテリー容量が4,800mAh、CPUはSnapdragon 480 5G Mobile Platform、ストレージは64GB」となりますので、同価格帯のスマートフォンと比較すると、すべての面で勝っていることがわかりました。一般的なスマートフォンの場合はバッテリー容量が3,000mAh前後のものが多く、CPUもRedmi Note 10 JEのように新しいものではありません。唯一Redmi Note 10 JEより勝っているパーツはROM(ストレージ容量)だけかもしれません。
そんなRedmi Note 10 JEの特徴をまとめると、「コストパフォーマンスが高い、大容量バッテリー搭載モデル、急速充電に対応、大画面でFHD+を採用、最大4,800万画素のカメラ、おサイフケータイ機能あり、防水防塵機能あり、カメラにAI機能あり」となりますので、スペック、システムともにすきがないといっても過言ではありません。
また、Redmi Note 10 JEは大容量バッテリー搭載モデルです。こちらの性能をわかりやすくまとめると、1日中で写真撮影をしていてもバッテリー容量が持つレベルなので、バッテリー容量について不足を感じるケースはほとんどないでしょう。
Redmi Note 10 JEの本体価格の補足となりますが、「新規でオンラインショップから購入するケースでは約12,000円、MNPのケースでは約6,700円」となりますので、現行モデルのどれと比較してもコストパフォーマンスが高いという評価になります。”

UQ mobileの「くりこしプラン+5G」はお得がいっぱい!

8月 17, 2022

“格安スマホ会社の1つであるUQ mobileでは5Gなどメインブランドと同じ高い通信品質ながら低コストのプランを数多く提供しています。ここではUQ mobileの人気のプラン「くりこしプラン+5G」を5つのポイントで解説しましょう。
【UQ mobileのくりこしプラン+5Gとは?】
UQ mobileはKDDIがサブブランドとして提供しているスマホ向けの回線サービスで、2021年9月からは「くりこしプラン+5G」というプランを提供しています。UQ mobileは元々、2021年2月から「くりこしプラン」の提供を開始しており、そのプランを5Gタイプにアップデートしました。プラン内容は以下の通りです。
・月3GBの高速通信が行える「くりこしプランS+5G」1,628円(税込み)
・月15GBの高速通信が行える「くりこしプランM+5G」2,728円(税込み)
・月25GBの高速通信が行える「くりこしプランL+5G」3,828円(税込み)
【データ量を増やせる増量オプションⅡもあり!】
UQ mobileのくりこしプラン+5Gには月550円を追加すれば、データ量が増える「増量オプションⅡ」というオプションがあります。
このオプションを追加した際の金額は以下の通りです。
・月3GB+2Gで合計5GBの高速通信が行える「くりこしプランS+5G」2,178円(税込み)
・月15GB+5Gで合計20GBの高速通信が行える「くりこしプランM+5G」3,278円(税込み)
・月25GB+5Gで合計30GBの高速通信が行える「くりこしプランL+5G」4,378円(税込み)
かなりの大容量データを格安価格で利用できるので魅力的です。
この増量オプションⅡは、適用月から13カ月間は無料になるキャンペーンも実施されているので、オプションを追加したとしても1年間は通常料金のまま利用が可能になっています。(キャンペーン終了日は未定)
【UQ mobileのくりこしプラン+5Gでは容量超過後も最低限の通信はできる】
一般的に多くのスマホ通信プランでは、通信量の上限を超えてしまうと、通信速度が制限されてしまいます。UQ mobileのくりこしプラン+5G Sプランでは、容量超過度には通信速度300kbpsに制限される仕様になっています。しかしUQ mobileのくりこしプラン+5GのM/Lプランにおいては、容量超過後の制限速度でも最大1Mbpsになっているので、制限時でも最低限の通信は行えます。
またどのプランにおいても「節約モード」をオンにして利用すれば、高速通信を使わない状態となるので、月額あたりの通信容量を消費せずに済みますよ。ちなみに節約モードをオンにしている際の最大通信速度は、制限時と同じくプランSで300kbps、プランM/Lで1Mbpsです。
【UQ mobileのくりこしプラン+5Gは余ったデータ容量を翌月に繰り越せるからお得】
UQ mobileのくりこしプラン+5Gでは、そのネーミング通り、当月に使い切ることができなかった通信量に関しては翌月に繰り越すことができます。また繰り越した容量に関しては、優先度の高い順番で消費されていくので、前月からの繰り越し分から使用し、その次に基本データ容量分、次に追加購入データ容量分となります。通信量を無駄なく消費できるのでコスパがよいでしょう。”

5G対応スマホの「Mate 40E Pro 5G」とは?

6月 16, 2022

“5Gのスマホは様々な新しいサービスを利用することができますし、アプリなどを超高速ダウンロードすることもできますので今後、利用する人が増えていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Mate 40E Pro 5G」という5Gスマホがあり、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや不自然には見えない範囲で映える写真を撮れる高性能カメラ、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUや思う存分楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約119000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約212gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比19.5:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電や50Wのワイヤレス充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHUAWEI Kirin 9000L 3.13GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約2000万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、パノラマモード、ビューティーモード、スーパーナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがHarmonyOS 2でディスプレイ内指紋認証センサーや3D顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)やデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

キャンペーン適用で3万円を切るスマホ「SHARP AQUOS zero5G basic」

4月 21, 2022

“スマートフォン本体価格を限界までおさえて、高性能なスマートフォンを購入したい人には「SHARP AQUOS zero5G basic」がオススメです。
今では、SHARP AQUOS zero5G basicが大人気となっているため、スマートフォンの売れ筋ランキングなどを通じて、SHARP AQUOS zero5G basicを知る人が増えてきました。なぜ、SHARP AQUOS zero5G basicはこれほどの人気があるのかというと、それは、「話題の高速表示、色鮮やかなディスプレイを実現しているモデル」だからです。
ハイエンドモデルのハイスペックスマートフォンに分類されるスマートフォンであれば、SHARP AQUOS zero5G basicのような機能をもつものは少なくありません。ですが、SHARP AQUOS zero5G basicはキャンペーン適用で26,000円で購入できる強みがありますので、「3万円を切る高性能なスマートフォンが欲しい」場合は、SHARP AQUOS zero5G basicを選択されるのがベストかもしれません。
価格の補足となりますが、同性能のスマートフォンであれば2万円台で売られているものも存在します。ですが、それは性能のみが高いというだけで、「トレンドとなっているシステム、機能をもつ」わけではありません。
たとえばSHARP AQUOS zero5G basicは、「クリアな発色の動画、ゲームを楽しめるように工夫されている」ので、グラフィックにこだわりがあるユーザーにとって、SHARP AQUOS zero5G basicは唯一無二の存在といえます。かわって安さを売りにしている別のスマートフォンでは、SHARP AQUOS zero5G basicのようなシステムが搭載されていないだけでなく、バッテリー容量であったりRAM(メモリ)の容量に余裕がないなど、一世代前のスマートフォンで開発が止まっているような・・・、そんな安いだけのスマートフォンも間違いなく存在するのです。
SHARP AQUOS zero5G basicは特徴的なシステムが多く、「5Gコンテンツを楽しめる」、「VR機器を活用することでコンテンツを最大限楽しめる」ようになっています。しかも、今ではハイエンドモデルなどに見られる「バッテリー容量が高いだけでなく、熱処理などにも配慮されているモデル」となっているので、1日のスマートフォン利用時間が長い人であれば、SHARP AQUOS zero5G basicは最高のモデルといえるかもしれません。
SHARP AQUOS zero5G basicのスペックですが、「CPUがSnapdragon 765 5G(オクタコア)2.3GHz+2.2GHz+1.8GHz、RAM(メモリ)は8GB、ROM(ストレージ)は128GB」とかなりゴージャスです。3万円を切るスマートフォンの多くはCPUが同性能とされているため比較できませんが、SHARP AQUOS zero5G basicはRAMが3や4GBではなく、その倍の8GBもあるので余裕をもってゲームコンテンツ、動画コンテンツを楽しめるようになっているのです。
SHARP AQUOS zero5G basicのそのほかのスペックは、「サイズが高さ:約161mm、幅:約75mm、厚さ:約9.0mm、重量は約182g、ディスプレイサイズは有機EL 約6.4インチの解像度:2,340×1,080(FHD+)、最大表示色:約10億色」、カメラのアウトカメラの画素数は約4,800万画素」となっているため、ミドルレンジモデルとは思えないほど欠点のない仕上がりになっています。
これほど充実したスマートフォンとなっているのに、SHARP AQUOS zero5G basicは、「バッテリー容量が4,050mAh、防水・防塵性能ありで防水機能:IPX5/IPX8、防塵機能:IP6X、生体認証ありで顔・指紋に対応」しているモデルです。
購入後に「あの機能、スペックが欲しかった・・・」と嘆きたくないそんな人に、SHARP AQUOS zero5G basicはオススメといえる要素が多数存在するモデルとなります。”

5G対応スマホの「ZTE S30」とは?

7月 24, 2021

“5Gスマートフォンは高速通信によるタイムラグがほとんどありませんので、4Gスマホよりも快適に楽しむことができるということが挙げられます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「ZTE S30」という5Gスマホがあり、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリー、重たい動作でもサクサク動く高性能CPUや綺麗な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/128GBモデルが約37000円でRAM8GB/256GBモデルが約41000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約184gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグラデーションとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、スローモーション撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「TORQUE 5G KYG01」とは?

7月 23, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンは高速大容量通信をいかしたデータの送受信だけではなく、低遅延という特徴をいかしてオンライン会議などをスムーズに行うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「TORQUE 5G KYG01」という5Gスマホがあり、動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイや一日中安心して使用できる大容量バッテリー、カメラの撮影が苦手な人でも幅広いシーンで簡単にキレイな写真が撮れる高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約89000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約167ミリ、厚さ約14.8ミリ、重さ約248gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはレッド、イエロー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2160×1080でアスペクト比18:9の約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、ワイヤレス給電やワイヤレス充電、急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765 SM7250-AA 2.3GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値2.4の明るいレンズがついた約2400万画素+超広角レンズがついた約1600万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、HDR、パノラマモード、スローモーション動画、タイムラプス動画、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやフロントステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”東京五輪いよいよ今日からです。Galaxy Olympics Page

5G対応スマホの「Black Shark 3」とは?

5月 18, 2021

“5Gに対応しているスマートフォンは4G対応スマホよりも格段に性能が向上していますので、4G対応スマホから5Gスマートフォンに乗り換える人も出てきています。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Black Shark 3」という5Gスマホがあり、コントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに楽しめる高性能CPU、長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約7万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約168ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約222gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグレー、シルバー、ピンク、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wのマグネット充電や65Wの急速充電に対応している4720mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、ナイトモード、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(JoyUI 11)でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

5G対応スマホの「vivo X60 Pro」とは?

3月 28, 2021

“5Gは高速通信によるタイムラグを削減させることができますので、遠隔地にいる患者の診察や自動車などの遠隔操作も可能にします。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスのスマートフォンからハイエンドクラスまでの様々なスマートフォンがありますが、その中の一つに「vivo X60 Pro」という5Gスマホがあり、動きの速いオンラインゲームでも快適に楽しめる高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリー、どんな場所でも見やすい高精細大型ディスプレイや高性能カメラなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約72000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約178gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 1080 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.4の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約1300万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素+望遠レンズがついた約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、ビューティーモード、パノラマモード、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Redmi K30」とは?

3月 18, 2021

“5Gスマートフォンは安定した接続が可能になりますので、動画などのライブストリーミングなどでもタイムラグを気にすることなく快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには色々な機種がありますが、その中の一つに「Redmi K30」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でも明るく鮮明に映せる高性能クアッドアウトカメラや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイ、どこでも安心して使用できる大容量バッテリーやストレスなく楽しめる高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約31000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約207gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、ブルー、ミントアイスブルー、ホワイトの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 768G 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素+約200万画素のデュアルアウトカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはソニー製センサーのIMX686がついており、レーザーオートフォーカス、パノラマモード、ナイトモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、HDR 、歪み補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 11)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「HUAWEI nova 8 SE」とは?

2月 27, 2021

“日本国内での5Gスマホが使用できる範囲はまだまだ海外のように広くありませんが、5Gは多くの人に注目されていますので4Gスマホから5Gスマホに買い替える人が少しずつ増えています。
その注目されている5Gスマホには数多くの機種がありますが、その中の一つに「HUAWEI nova 8 SE」という5Gスマホがあり、洗練されたデザインに安心して使用できる大容量バッテリー、いつでもどこでも見やすい高精細大型ディスプレイやどんな動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約51000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約178gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ピンク、ブルー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.53インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している3800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、HDR、スローモーション撮影、ポートレートモード、スーパーナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 10.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャック、防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”


Wordpress theme by NetVenture in association with Bayforall.com